Hunter's chance to ギルドウォー

脳内ロールプレイ=NRPな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Knights Act.1

まだまだ充電不足ながら唐突にシリーズ開始

全編フィクション(脳内RP全開)で本日はお届け致します。
実際の登場人物には一切関係ありません

Are you ready?
gw090.jpg
彼女を守るのが俺の仕事・・・

唱えろミサイル!放て正義の弓!暗黒猪突猛進!
↓短編読みきりっす(汗





「王邸貴族護衛任務」

アスカロン王朝からの緊急依頼
gw079.jpg

「気難しい女だ・・・・・」

第一印象は実に気難しい男勝り
俺の苦手なタイプの典型な女、気分も乗らない
こんな時はさっさと仕事を済ませるに限る
どのぐらいこの女が国に取って重要な任務に付いているかは知らない
ただただ焦って進む様子のこの淑女を丁重にご案内し
安全に国へ帰って頂くのが今回の任務内容

gw083.jpg

そう、別に感情移入なんてしないし必要無い

この女が連れて来た護衛兵が全員この雇い主を庇い
ジャングルで森の精霊と成った事など同情してる暇は無い

気ばかり焦るこの女剣士は明らかに疲れている
gw066.jpg

関係無い

疲れているなら休ませて移動するだけ
ここは魔の森だ、泉に沸く癒しの水、それを守る様に生息するクリーチャー達は
恐れを知らぬ狂兵と言える

万全を期す為
時には無理やり休憩をする事だって有る
この女剣士がどうごねたり唸ったり叱りとばして来ようとも
ハンターEMIYAはグループ全体の危険に成りえる問題を冷静に対処する

「ハンターEMIYA、何時までここに居るつもりなんですか」

なんて台詞を20回も聞いた頃だろうか
寡黙な男ハンターEMIYAは座ったまま一言だけ告げた
gw01176.jpg
あんたは俺が死んでも守る

魔の森を抜ける経路の一つ沼地への行軍を再開した
昼も夜も無い戦いがこの日から始まったのである


「王邸貴族護衛任務」END

                   to be continues......


次回 「本当に死んでも守った男」(ウソデス)
gw111149.jpg
撮影協力感謝
スポンサーサイト
  1. 2006/03/13(月) 19:31:06|
  2. GW
  3. | コメント:0
<<GvG 初体験 | ホーム | 黒い正義砂漠へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

EMIYA

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。